地盤、地盤調査ってなに?

はじめての家づくり

家づくりを行うにあたり「地盤がどうなのか」「地盤調査で明らかになる」など、こんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、「地盤」「地盤調査」についてご説明いたします !(^^)!

1. 地盤ってなに?
2. 土地と地盤の違いとは?
3. 地盤調査とは?なぜ行うの?


1. 地盤ってなに?

地盤とは、大切な建物を支えとなる『土地・地面』のことです。

地盤と土地、どちらも一緒の意味でしょ?
何が違うの?って思いますよね。

2. 土地と地盤の違いとは?

・土地 → 場所
・地盤 → 地面の強度、地面の質

3. 地盤調査とは? なぜ行うの?

・田んぼを埋めて家を建てた
・山を切り開いて家を建てた
・きれいに整っている土地を買った
こうした土地に、そのまま家を建ててしまって安心と言えるでしょうか。地震大国の日本では、なおさら心配です。
いくら地震に強いSE構法で家を建てても、地盤が弱ければまったく意味がありません。

地盤調査は、建物の計画位置にあわせて調査することです。
地面の固さ、強さ、土の質(砂、粘土、岩盤など、どんな層になっているのか)地下水の確認・液状化の確認など。
調査をすることで、地面の下がどんな状態になっているかがわかり、どんな補強をすれば安全に建物が建てられるかが見えてきます。
もちろん固い地盤であれば、補強をしなくても大丈夫です!

地盤調査をなぜ行うのか?
安全性の高い建物を建てるため。
土台となる地盤の安全性を確認するため。
と覚えておいてくださいね。

■調査方法など、もっと詳しく知りたい方は
 >>> 株式会社ビックハンズ 地盤調査について

大切な家づくり、足元からガッチリ固めていきましょう!

関連記事